花

プロだからこそできる草刈の作業|面倒な作業は全てお任せ

  1. ホーム
  2. 庭に芝生を取り入れる

庭に芝生を取り入れる

芝張り

多種多様なのが芝の張り方

芝張りをする時には、張り方のスタイルを決めるのが第1歩です。芝張りのスタイルはバリエーションが広く、目的に合わせた庭のデザインが可能になります。芝張りをするスペースの広さや形状などに合わせて、柔軟に選べます。例えば、後の草取りの負担を減らしたい場合は、隙間なく芝張りをするのがベストな方法です。一方、自在に芝のデザインを楽しみたい場合や芝の量が少ない時には、一定の間隔をあけて芝を張ります。適度な隙間が出来ると、印象が大分変化します。草が生えるのを防ぎたい時には、芝を育てて徐々に隙間をなくしていく方法もあります。このように、目的に沿った芝張りをすると念願の庭が完成します。芝張りの工夫次第で、様々なメリットが得られます。

美観を整え草を予防

一面に張り巡らされた芝は、庭に統一感や潤いを与えてくれます。芝が張っていると、春から夏にかけての庭のメンテナンスが楽に行えます。草が生えにくい状態となりますので、草取りの手間が大幅に軽減されます。芝生は、庭の印象を良くする目的で広く利用されている植物です。草取りの負担を軽くするために、利用する家庭も見られます。防草シートに比べて、芝生は美観に優れます。芝の種類を選ぶと、適度なクッション性が得られますので、歩き心地も快適です。様々な利点から、ガーデンアイテムの一つとして、芝生は広く活用されます。温度を調整する働きもあり、暑い季節には特に恩恵が得られます。快適な住まいを作るために、活躍しているのが芝生です。